Author: 青木 直哉 / Naoya Aoki

WEB PONTE

インタビューや、レポート、ニュースの紹介など、雑多な記事は全てここに集めています。

ポリグロットカンファレンス最終日

最終日も、引き続きプレゼンが続く。 朝は、前々からお会いしたいと思っていたSteve Kaufmannさんのプレゼンを、30分遅れぐらいで聴く。(起きられなかった) しかし、やはりこの人は話がうまくて、不思議を人を惹きつ

Read More »

Polyglot Conference 2日目について

さて、ジャグリングの雑誌のくせに、全然関係のない内容が続いておりますが、あくまで「旅とジャグリングの雑誌」なので、これはこれでいいのであります。 ※※※ 昨日は、多言語話者が集まるカンファレンスの2日目。 金曜日の時点で

Read More »

【ポリグロットカンファレンス1日目感想】

【ポリグロットカンファレンス1日目感想】 福岡は、九州産業大学で開かれている、ポリグロット(多言語話者)カンファレンス。金土日の三日間開催、1日目。 今日はみんなが集まって、お互いのことを知る日。ちょっとしたイベントや、

Read More »

Polyglot Conference (世界ポリグロット大会)について

回数を数えるのが面倒になってきたのでもうやめることにする。 昨日の話。一日中仕事をしていた。と、この「仕事」という言い回しに、僕はいつも引っかかる。まぁ、なんだか、「仕事」と言えば真面目なことをしている風に思われる、と。

Read More »

第476回 日記いくつか

またしばらくここを放置してしまいました。 ふと、大学の頃お世話になった加藤典洋さんの『小さな天体 – 全サバティカル日記』風に、日々を公開できたらいいな、と思った。瓶に手紙を詰めて、投げるような心持ち。 だか

Read More »

第475回 名古屋へ

名古屋に来た。 少し前までそんなつもりは全然なかったのだが、昨晩思い立って、19時ごろに夜行バスのチケットを買って、今さっき到着した。「あいちトリエンナーレ」を見るためである。トリエンナーレには8月23日にも来ていて、そ

Read More »

第474回 スピード感に自分を最適化する

昨日の連続ツイートより。 なんだか、今ものすごく今までにないくらい仕事が詰まっている(笑) でも同時に、これをデフォルトだと思うと、そこから先「じゃあどうやってこれを効率よく片付けてやろうか」とか、「逆にここまで来ちゃう

Read More »

第473回 「自作のスティック」について

連続ツイート。 今日は「自作のスティック」について。 先日このようなツイートをしました。 & こういうやりとりがあったので、 pic.twitter.com/yJyUvaRBHd — PONTE 青木直哉 (@P

Read More »

第472回 淡路島のこと

淡路島のあわじアートサーカスのことをツイートしたら、そこそこ反響がありました。(本当にささやかですが…) 僕が実際に行った、その感想は、この日の日記から数日間、書かれています。どうぞ、おヒマの折に。 http://mai

Read More »
ジャグリングの郵便箱(日刊)

第469回 昨日のこと・『妖怪ケマメ』の準備

朝起きると、口の中が血だらけになっていた。 前の晩に食べたポンスケというお菓子(歌舞伎揚、ぼんち揚のようなお菓子)で歯茎を削ってしまい怪我をしていたのだが、それが朝になってひどいことに。6時前には血の味で目を覚ます。いつ

Read More »
ジャグリングの郵便箱(日刊)

第468回 ものを作る人への敬意

ディアボロのスティックに、バーテープという自転車のハンドル用のテープを巻いてみた。 スティックにテープを巻くぐらいなんてことあるまい、と思っていたのだが、思った以上にうまくゆかなかった。 実際にやるのと、頭で思い浮かべる

Read More »

第460回台湾のジャグリングバトル

来週、台湾に行きます。ジャグリングバトルのイベントを見に行くためです。 ジャグリングバトル、と言われてもピンとこないでしょう。いや、ピンとこない方が普通なはずです。バトルはジャグリングの中でも最近始まった文化で、ジャグラ

Read More »

第458回 ヨレヨレのTシャツとスウェット

これは、ピロリップ(Pilolip)さんである。本名はアンドレである。 こういう服を着てジャグリングをする人って、EJCなんかに行くと圧倒的に多い。 特にフランス語話者に多そう…というのは、共感を得づらいと思うのだけど、

Read More »

第456回 オリ・ロス

フェイスブックでルイス・ケネディがシェアしていた動画がある。 これは、ルイスが作った『ジャグルビジョン』というシリーズの二作目である。イスラエルのジャグラー、オリ・ロスをメインでフィーチャーしている。いかにオリがイスラエ

Read More »

第455回 サイモンセッズのネタ帳

また、一回分飛ばしていますね。昨日、書いたつもりだったんだ。 昨日は、野毛のサーカスバー、うっふに久々に行きました。友人のジャグラー、Shogunが出演していた。 最近一緒に仕事をしているKAAT神奈川芸術劇場の方と一緒

Read More »

第454回 旅をもっとしたい。

旅をもっとしたい。正確に言うと、もっと移動をしたい。 そんなわけで、遠隔でもできる仕事をなるべくたくさんもらったり、モノを減らしていったり、している。移動しながらでも生活できるすべを少しずつ整えている。 今回の旅を終えて

Read More »
ジャグリングの郵便箱(日刊)

第452回 タブラ・量と質

昨日の朝の分を書き忘れていたんですね。つまり、EJCの締めです。 22日目がミッシングです。すっかり書いた気でいました。うーむ。 この締めはあえてとっておいて、これから作るEJCに関する冊子に込めようと思います。 ※※※

Read More »
イギリスジャグリング紀行2019

第450回【大英図書館へ。もはや「イギリスらしいもの」など求めていない。】20/22日目 イギリス・ジャグリングの旅2019

ロンドン滞在最終日だ。つまり、イギリス滞在の最終日だ。 特に何をする予定も立てず、朝は11時ごろ起きる。 しばらく共有スペース兼バーで帰国してからのことをふじくんとしばし話していた。表は、急に雨が降ってきたかと思えば、カ

Read More »

第446回【エディンバラ・フリンジについて少しまとめて残そうと思ったこと】16/22日目 イギリス・ジャグリングの旅2019

ニューアーク・オン・トレントで開かれた長いEJCが終わって、エディンバラに着いた。雨がしとしと降っていた。とても寒かった。体感する季節が、「ギリギリ夏」から、「ほぼ冬」に変わった。しかし駅舎から垣間見えた石造りの建物群は

Read More »
イギリスジャグリング紀行2019

第443回 【エディンバラ・フリンジ。】13/22日目 イギリス・ジャグリングの旅2019

そういえば二日前のことも、書いていなかったですね。二日前は、EJCをあとにした日。都合で遅めの電車しか取れず、会場でのんびりした後に電車でエディンバラに向かいました。結果的には、このタイミングで、最後にお別れを言いたい人

Read More »