毎週月曜日の朝8時に、あなたの受信箱にメールが届きます。ワクワク。

週刊PONTE vol.66 2020/02/17

=== PONTE Weekly ==========
週刊PONTE vol.66 2020/02/17
===========================
—————————
PONTEは、ジャグリングについて考えるための居場所です。
週刊PONTEでは、人とジャグリングとのかかわりを読むことができます。
毎週月曜日、jugglingponte.comが発行しています。
—————————

◆Contents◆

・青木直哉…ジャグリングがつなげるもの Weekly 第57回「英語の孤独」

・Fuji…フジづくり 第66回「ネタ動画」

・寄稿募集のお知らせ

・編集後記

—————————

◆ジャグリングがつなげるもの Weekly◆ 文・青木直哉
第57回「英語の孤独」

アメリカから来ているジャグラーの友達と日々英語で話している。
たいていのことは通じるし、向こうの言っていることもわかるし、特に表立った不自由はないのだが、ふと孤独を感じることがある。
理由のない孤独ではない。
それは、僕自身が「英語が包んでいる世界」に属していない、という孤独である。
ウィレム君は、つまり生まれてから26年間のほとんどを、英語によって形を与えられた世界で生きてきたわけだ。なので、表面に塗料を塗るみたいに英語を身につけただけの僕は、ウィレム君と話をするとき、まるで転校生みたいな気分になる。みんなが知っていることを自分だけ知らない。仲良くはなれるのだが、時折何か根本的なズレを感じる。
ウィレム君は、自分が望めばすぐに、とても豊穣な英語の地平を覗くことができる。僕はただ一生懸命背伸びをするしかない。5歳ぐらいの子供になってしまう。大人が話していることのその背後にある、自分とは年季の入りかたが全く違う、生きる時間をともなった中身に、具体的に触れることができない感じにも似ている。
たとえばフランス語が母語のボクダンと話すときであれば話は別だ。お互いが借り物のことばで心を伝え合う。立っている平面は一緒だ。だから特に際立った孤独を感じることは少ない。
いや、もちろん自分が28年間親しんだ心象世界である、日本語で描く世界への恋しさは感じるが、それでも、英語のレベルが大体同じであれば、お互いの母語から離脱している気分が分かり合えるのでまだマシだ。言うなれば、旅先で出会った同じ部屋の異国人同士、のような連帯感がある。ここはどちらの土地でもない。

僕はいわゆる「英語圏」で長く暮らしたことがない。英語は、いまだにどこからか借りてきた声なんだ。不意にそう感じる時がある。その時僕は、それを、孤独だ、と表現する。

でも、かといってウィレム君と遊びに出かけるのがつまらないというのではないんですよ。やっぱり英語という借り物でも、それで意思疎通が図れて、それなりの質と量を持った考えをやりとりできるのは面白い。
それに、あと3日で帰っちゃうのかー、と思うと、それはまた別の、寂しさがあります。
—————————
文章をほぼ毎日書いています。
https://note.com/jugglernao
—————————

◆フジづくり◆ 文・Fuji
第66回「ネタ動画」

毎週木曜日はジャグリング倶楽部の練習場に行っていて、ヨコハピ仲間の山本くんとよくネタ動画を撮っています。単発動画を撮ってはインスタにアップしたりもしています。毎週その時の気まぐれで面白い動きはないかなぁ、と試しながらやっているので、30分でやっと1回成功したり、すぐに「出来た!」なんて日もあります。
毎回違う動きを探してはビデオにおさめてますが、意外とネタが尽きることなく毎週撮ってます。「じゃあ、今日何する?」から始まって、遊びながら動きを見つける感覚です。
動画が撮れた後はいつもインスタ用に自分が動画を編集してアップしています。本当はその日中にアップさせたいのですが、編集や説明文を考えるとなるとついつい後回しになって、アップするのが遅れてしまいます…。ただ、最近編集ソフトの機能をちょこちょこいじるようになって、こんな機能もあるんだ、という発見もあり面白いです!
自分らが動画を撮ってる横で、青木さんは1000日ディアボロの動画を撮ってます。あと150日くらいでしたっけ?

by Fuji

横濱ハッピーターン
【Instagram】https://www.instagram.com/yokohamahappyturn/
Juggle Pack
【Instagram】https://instagram.com/jugglepack_official?igshid=v5fjxithzxrv
【HP】https://jugglingponte.com/2019/07/19/jugglepack-project-about-to-begin/
PM Juggling 「otomodama」持ち運び用の巾着ケース 製作 by Fuji

otomodama 3個セット


—————————

◆寄稿募集のお知らせ◆

週刊PONTEに載せる原稿を募集します。
800字以内でお書きください。
編集長による査読を経たのち掲載。
掲載の場合は、宣伝したいことがあればしていただけます。
投稿・質問は mag@jugglingponte.com まで。
締め切りは、毎週金曜日の23:59です。

◆編集後記◆ 文・青木直哉

-サーカスパフォーマーの谷口界さんによる、逆立ちの練習方法のビデオが、ものすごくいいので、勝手に宣伝しちゃいます。
第1回青空アクロバット教室『逆立ち編』

また来週。

PONTEを読んで、なにかが言いたくなったら、mag@jugglingponte.com へ。

<END OF THIS ISSUE>

発行者:青木直哉 (旅とジャグリングの雑誌:PONTE)

Mail info@jugglingponte.com

HP http://www.jugglingponte.com

Twitter https://twitter.com/jugglingponte

Instagram https://www.instagram.com/jugglingponte

読者登録、解除、バックナンバー閲覧はこちら。

週刊 PONTE

【週刊PONTEは、転載、転送を歓迎しています。ご自由にシェアしてください。】
========== PONTE Weekly ===


Share this post

Share on facebook
Share on twitter