毎週月曜日の朝8時に、あなたの受信箱にメールが届きます。ワクワク。

週刊PONTE vol.59 2019/12/30

=== PONTE Weekly ==========
週刊PONTE vol.59 2019/12/30
===========================
—————————
PONTEは、ジャグリングについて考えるための居場所です。
週刊PONTEでは、人とジャグリングとのかかわりを読むことができます。
毎週月曜日、jugglingponte.comが発行しています。
—————————

◆Contents◆

・青木直哉…ジャグリングがつなげるもの Weekly 第50回 「本当に助かること」

・Fuji…フジづくり 第59回「今年の振り返り」

・きんまめ…デビステのてんぷら 58本目 「チグハグスイッチ」(メルマガ第52回)

・寄稿募集のお知らせ

・編集後記

—————————

◆ジャグリングがつなげるもの Weekly◆ 文・青木直哉
第50回 「本当に助かること」

フランスからボクダンとジュリエットが来ている。続くように、アメリカから、ポイスピナーが家族で日本に来た。
2月には、インスタグラム上で知り合ったディアボリストが来る。一週間ぐらい僕の家に泊まっていく。
いろいろなジャグラーが次々に日本に来る。僕に連絡をくれる。「日本に行くんだけど、誰に情報をもらったらいいか」という話があると、僕のところに話が振られる。
なんだか嬉しいよね。
それで、極力、家に泊められる時は泊めるようにしている。

旅に出るたびにジャグラーの家にお世話になってきた。
その人たちに、恩返しをしたいと思っていた。
だが本人に直接何かをお返しできる機会は少ない。
なので代わりに別の人にお返しをしている。
ジャグリングのコミュニティの人が、より旅をしやすいようになればいい。
人の家に泊まることができる、というのは、一番助かるのだ。
思い出すのは、僕がパリに行った時。
空港に着いてから、宿を一切とっていないことに気づいた。
僕はその場で何人かに連絡し、結果的に、クレモンくんというディアボリストが家に泊めてくれた。
海外を旅行して、一番ばかにならないのが、宿泊費ですからね。
フィンランドに行った時は、ラウリさんが2週間ぐらいいろんなところに連れて行ってくれて、家にも泊めてくれて、サーカス学校に泊めさせてくれたりもした。
子供は可愛いし、奥さんも優しいし、サーカス学校の人たちは面白いし、感謝してもしきれないぐらい、素敵な経験をさせてもらった。
昨年ヨーロッパに45日間滞在した時も、結局滞在費として使ったのは5万円くらいだった。飛行機代とコンベンションの参加費を合わせても、総計、20万円くらいであった。
現実的に安く旅行できる選択肢を提供できると、結果的に、ジャグリングのコミュニティ同士の交流がしやすいんじゃないかな、という気がしている。

—————————
文章を毎日書いています。
https://note.com/jugglernao
—————————

◆フジづくり◆ 文・Fuji
第59回「今年の振り返り」

今年最後のメルマガにしてネタ切れのため、今年の振り返りをしたいと思います。(本当は一つ書こうと思っていた記事があるんですが中途半端に終わりそうなので、それはまた来年という事で。)

一年前を振り返ってみると、ちょうどこの時期は布製のボールケース製作の試作に取り掛かっていて、暫くして帆布をつかったボールケース「Coro」を完成させました。そして、インフルにかかったり、知育系ボードゲームにハマって自作したり、「ロゴづくり」「タグづくり」「ステッカー・缶バッジづくり」「PVづくり」からの中国「DALI FLOW FEST(大理フロウフェス)」への参加。特注で「クリスタルボールホルダー」をつくったり、「巾着型マルチケース」をつくってイギリスの「EJC」に参加、神戸で開かれた「ジャグま!」へも弾丸で参加。「ジャグリングハット用キャリーベルト」「ボール専用ハンモック」を特注でつくり「JJF」に初参加。ピントクル主催の秘密基地ではPM Juggling の「otomodama持ち運び用の巾着ケース」を製作販売。その後「特注クリスタルボール用OMUSUBI」「菱目打ち機」などをつくって今にいたります。

来年こそはWEBショップを開設したいと思ってます…(笑)

今年も一年ご愛読ありがとうございます!また来年もよろしくお願いします。
よいお年を!

by Fuji

PM Juggling 「otomodama」持ち運び用の巾着ケース 製作 by Fuji

otomodama 3個セット

Juggle Pack
【Instagram】https://instagram.com/jugglepack_official?igshid=v5fjxithzxrv
【HP】https://jugglingponte.com/2019/07/19/jugglepack-project-about-to-begin/

横濱ハッピーターン
【Instagram】https://www.instagram.com/yokohamahappyturn/

—————————

◆デビステのてんぷら◆ 文・きんまめ
58本目 「チグハグスイッチ」(メルマガ第52回)

前回新居の洗面所の電気系統がクレイジー設計になっていることをお話しした。実は、換気扇も一癖ある。

トイレと風呂場にそれぞれ換気扇が付いている。おかしなことはない。
風呂場には風呂場の電気のスイッチと並んで換気扇のスイッチが付いている。ONとOFFがひと目でわかる赤いランプが内蔵されているスイッチだ。別によくあること。
もちろんトイレにおいても、電気のスイッチの上に換気扇のスイッチが付いている。同様に赤いランプ表示があるものだ。特別なことではない。
では、何がおかしいのか。以下のトイレと風呂の4パターンのスイッチにおける、実際の換気扇のON-OFFを列挙したので、ご確認いただきたい。

スイッチ(トOFF 風呂OFF)→換気扇(トOFF 風呂OFF)
スイッチ(トOFF 風呂ON)→換気扇(トOFF 風呂ON)
スイッチ(トON 風呂OFF)→換気扇(トOFF 風呂ON)
スイッチ(トON 風呂ON)→換気扇(トOFF 風呂ON)

おわかりだろうか。スイッチの組み合わせは4通り、これで全てである。なのに、どう押してもトイレの換気扇は常にOFFになっているのだ!そもそもトイレに換気扇ないんじゃないの?と思われる向きもあろうが、残念。完全に付いている。比較的新しめのフルメタルな感じのやつが天井で我が物顔なのである。我が物顔のくせにお前動かないのかよ…… 入居当時、トイレで天を仰いで呆然とした。

しかし、なぜだろう。とても親近感がわく。
ろくにデュアルプロペラが回せない私には、デュアル換気扇プロペラが回らないこの家がお似合いなのである。

——
きんまめ:ジャグリングサークルジャグてっく元部長。くらいしか経歴がない。デビルスティックをやっていました。やっぱり風呂とトイレは独立してる方がいいんですね。好きなジャグラーは特にいません。
デビステのてんぷら冊子版を売るサイト:https://kinzokumame.booth.pm/

◆寄稿募集のお知らせ◆

週刊PONTEに載せる原稿を募集します。
800字以内でお書きください。
編集長による査読を経たのち掲載。
掲載の場合は、宣伝したいことがあればしていただけます。
投稿・質問は mag@jugglingponte.com まで。
締め切りは、毎週金曜日の23:59です。

◆編集後記◆ 文・青木直哉

-僕はバストイレ一緒が好きです。なぜかというと、掃除が圧倒的に楽だからです。

-最近よく家で鍋をします。牛もつでやるもつ鍋が好きです。

-引っ越しをしたいなー、と常々思っています。まだ今の家には一年も住んでいないんですが。別に理由があるわけではなく、ただ、新しい景色に囲まれて生活したいな、という願望があるだけ。でも同時に、落ち着きたいという願望もあって、一体どちらを叶えたらいいかわからない。とりあえず、引っ越したい、という気持ちが強くなったら旅に出ればいいか、と思っている。

また来年。

PONTEを読んで、なにかが言いたくなったら、mag@jugglingponte.com へ。

<END OF THIS ISSUE>

発行者:青木直哉 (旅とジャグリングの雑誌:PONTE)

Mail info@jugglingponte.com

HP http://www.jugglingponte.com

Twitter https://twitter.com/jugglingponte

Instagram https://www.instagram.com/jugglingponte

読者登録、解除、バックナンバー閲覧はこちら。

週刊 PONTE

【週刊PONTEは、転載、転送を歓迎しています。ご自由にシェアしてください。】
========== PONTE Weekly ===


Share this post

Share on facebook
Share on twitter