第474回 スピード感に自分を最適化する

昨日の連続ツイートより。

なんだか、今ものすごく今までにないくらい仕事が詰まっている(笑)
でも同時に、これをデフォルトだと思うと、そこから先「じゃあどうやってこれを効率よく片付けてやろうか」とか、「逆にここまで来ちゃうともうちょっと何か追加しても一緒なんじゃないか」とか思ったりする。
自分が「さすがにこの量こられるとちょっときついかもしれないいなー」と思うくらいの仕事を抱えると、かえって「やる」以外の選択肢がなくなって、何もない時よりも仕事がはかどったりする、ということがあるのかもしれぬ。
現にこうやってツイートなんかするのも、本来だったら「いや、時間の無駄かもな」と思って、少し躊躇してやめるんだけど、なんだか今は、「もう思いついちゃったし、迷う時間で書いたほうがいいわ」と効率の面でむしろ「やる」みたいなところがある。こういうスピード感、がいいのかもしれない。
最近仕事を変えたので、それに今慣れている段階、である。
そしてそれは、要するにこう言うスピード感に自分を最適化する、ということかもしれぬ。
ジャグリングももっと練習したいぞお。