第468回 ものを作る人への敬意

ディアボロのスティックに、バーテープという自転車のハンドル用のテープを巻いてみた。

スティックにテープを巻くぐらいなんてことあるまい、と思っていたのだが、思った以上にうまくゆかなかった。

実際にやるのと、頭で思い浮かべるのと、こうも違うものか。

一概にテープを巻くだけといっても、理想の太さ、重さがある。そもそも理想形はなんなのかということも、使っては作り直すことを繰り返し、時間をかけて輪郭を浮かび上がらせないといけない。

こうやって自分で作ってみて初めて、ものを作る人への敬意が湧いてくる。

横浜