第440回 【かぜのひ】10/22日目 イギリス・ジャグリングの旅2019

昨日の夜から朝にかけては、ひどい雨が降っていた。

しかし起き上がる頃には、見事に快晴であった。

イギリスの天気は変わりやすいとは聞いていたが、まさかこんなにあっという間に晴れと雨がめまぐるしく訪れるとは思わなかった。

また、昼からは店番。

開いてすぐに、服を売るお店の女性が来て、Tシャツ可愛いわね、と言ってくれる。XLしか残っていなくて、「自分でアレンジして着られるんじゃないの」というと、「そうね、これちょうだい」と言って、最後の一着を買ってくれる。

嬉しいね。

しばらくして連絡があり、今日になって日本から来た二人を、テントに案内する。

少し問題が発生して、テントを貸す会社の人に連絡。なんだか、この会社で働いているような気分である。

お店はそれから、特にPONTEの方はあまり動かず。

Juggle Pack、PM Juggling はまだまだ売れる。

最後になって、そういえばまだ買い物していなかったな、という感じで買っている人がいるような印象もある。

お店が入ったテントが、風でバタバタと揺れて大変なことになっていた。

今日は風邪も強かったのだ。

お店の営業はいつも通り6時まで。

少し繰り上がって7時からオープンステージだったので、見る。

ビッグトップに入る直前に、一瞬、土砂降りになる。

もう1分早く入れれば、濡れずに済んだのに。

今日のオープンステージは、なかなかよかった。

というのも、ディアボロのアントワンという人による、久々、新作の演技が見られたのである。ボンゴのような楽器のリズムに合わせて、シンプルに、鮮やかにディアボロを捌く。

それが終わると、ベジタリアンバーガーを食べて、クラブジャグリングで戦う、「ファイトナイト」を見に行こうとする、も、会場は人でいっぱいで、階段上になった席もなにもないので、(風のせいで、ガラテントから、会場がジムに移動したのである)なんだかよく見えず。

今日もまた、ビールを飲みながら書いている。

EJCは、明日で実質終わりである。

やれやれ。

ニューアーク