第392回 タイトルを変えようか

-またここのタイトルを変えようかな、「考える雑記帳」なんかいいな、と思っている。やっぱり、あんまりジャグリングが関係ないですからね。本当はこの場では、ジャグリングに関係することを書いたほうがいいとはおもうのだけど、しかし、一人の人間の頭というのは、そうそう、単一のことについてずっと書き続けられるようにはできていないのだと思います。それか、僕に忍耐がないのかも。いずれにしても、自分にはそれはちょっとできないなぁ、とおもう。

-昨日は、だいごさん、Fujiくんと、羽田空港で打ち合わせをしました。羽田空港に用があったので。でも結果として、その羽田空港で「やるべきだ」と思った作業は、別にやる必要はない作業だった、と分かったのですが、それがはっきり分かっただけでもよかった。こういう風に、なんというか、分からないことは、少し遠回りだけど、実際に行くなり、聞くなり、見るなりして確かめる、ということは、やっぱり大事なんじゃないかなあ、とおもうのである。ばっかだなぁ、と思われることもあるとおもうんだけど、でも、そういう遠回りが、結局のところ、「何かを知る」ということのほんとうなんじゃないか、ともまたおもうのである。で、参照する先がないような、本にも書いていないし、インターネットにも載ってない、いや、まだ誰も知らないようなことを突き詰めて知ろうとする態度は、そういうところから始まっているんじゃないか、という気もするのである。