RIMG0180

ジャグリングがつなげるもの 欧州ジャグリング紀行2018 memory no.13

結局出発したのは午後少し遅くなってからだった。車で延々とドライブをする。地図で言えば上に上っていくだけ。ひたすらまっすぐ走る。リーナさんと、パートナーのイアンさんと話をしながら走った。

ある地点を境に、湖水地方、というところに入った。ここに入ると、見渡す限り、低くなだらかな丘と、羊と石垣だけの景色になる。まさに、僕がずっと想像していたとおりの景色だ。
これだけの石をどうやって人力で並べたのだろうか、と思うくらい、石は遠く丘の果てまで続いている。そして、羊(やらなんやら)は、あくまで平和に、ぽかぽかと暮らしている。でも天気はそれほどよくなくて、牧歌的な眺め、というよりは、退屈な眺め、という感じである。

車が徐行している最中に、羊が前を通った。イアンさんが、クラクションを「プー」と鳴らした。羊は「メー」と言い返してきて、またのそのそと去っていった。

単調な景色が続き、カーラジオからはレゲエ調の音楽が流れている。僕はうとうとしてしまった。

はっと気づくと、ずっと羊と石垣だったのが、唐突に家並みに変わっていた。あっ、と思ったのもつかの間、さらに教会や、スーパーや、おみやげ屋さんがある通りに出る。
ここからが、アップルビー。
「村」と言った方がしっくりくる感じのところだ。21世紀のイギリスには、そうか、まだ、こういう街並みが残っているんだ、と素直に感心してしまった。
車はそのまま村の中心を抜けて川にかかった石橋を渡り、その先にある小学校についた。入り口には看板があって、フェスティバルの名前が書いてあり、風船も取り付けてあったりする。学校の中に入ると、そこには主催のロージーがいた。