ジャグリングがつなげるもの 欧州ジャグリング紀行2018 memory no.23

〜日記より〜

次の日の朝。テントが日照りで、とても中にいられないぐらい暑くなるので、外に飛び出して、シャワーを浴びる。
シャワーは、キャンプ場の中にある。シャワーの数はそれなりにあるのだが、少し待つ。洗濯をしたりする人もいるから、そのせいもある。
シャワーを終えて、ひとまずジムへ行く。ジムは、片面が全面ガラス張りになっているので、向こうの景色が一望できる。
山があり、海がある。地平線が見える。
そんな中、ジム全体を埋めるぐらいのジャグラーがみんな物を投げている。
今日は、ジャグリングをしながら町を練り歩く、パレードがある。シャトルバスに乗って、町まで行く。会場から、リベイラ・グランジまでは、シャトルバスで7、8分ほど。駐車場のようなところについて、パレードが12時きっかりに始まるのを待つ。
ここで、芹川さんとも初めて会う。彼はPONTEでも連載をしてもらっている、現在オーストラリア在住のジャグラー。オーストラリアのジャグラーを紹介してもらう。
パレードでは、鼓笛隊が先頭を歩く。町の道路を歩いていると、道路沿いの住人たちが窓から顔を覗かせる。リベイラ・グランジは小さな町で、普通の速度で歩けば、ものの10分、15分で、町の外から中心の広場までたどり着いてしまう。しかしパレードでは、1時間かそれ以上かけて、途中ウェーブをしたりしながら、広場まで行く。
広場に着くと、しばらく休憩の時間があった。炎天下で歩き続けるのでとにかくみんな喉が乾いている。水やビールを飲む人たち。広場にあるカフェではアイスやお菓子も売っていた。よく売れる。僕もエッグタルトを買って食べた。安いし、非常に美味しい。
1時間ほど休憩があってから、広場でゲームが始まる。長くジャグリングをし続けるエンデュアランス、クラブをはたき落としあうコンバット、ディアボロを小さな箱に入れるコンテストなど。だが随分暑くて、途中で見るのにだんだん疲れて来る。

広場はとても穏やかな雰囲気だった。

ゲームが終わると、今度は広場を降りたところでショーがあったが、じっと何かを見るのに疲れてしまったので、ひとまず近くのビーチに行くことにする。いまいちどう行くのかわからないが、とりあえず浜の方角へ向かい、なんとかたどり着く。ビーチでは、すでに何人かジャグラーや観光客の姿が。ただ浜から海を眺めるつもりでいたが、やはり海にいながらただ眺めているだけではどうしようもないので、別に海に入る格好をしてきたわけではないが、Tシャツを脱いで、海に入ってしまった。
波が強い。
一緒にいたドイツ人のヘナが、「サーフィンをしよう」というので、思い切って試してみることにした。今までの人生で、サーフィンなどしたことがない。とりあえず、やってみる。先にヘナが見本を見せてくれた。だが、あまりうまくいっている様子ではない。しばらくトライした後に、疲れた顔で戻ってきて、「波が強すぎるね」と言った。
しかし、もうボードを借りてきてしまったことだし、と思って、とりあえずこちらも挑戦してみることにした。結果は哀れなもので、立ち上がることはおろか、波にただただ流されただけで、最後には、思ってもみなかった方向に流されていってしまい、一瞬、死を覚悟した。
浜遊びを終える頃には、日が傾き始めている。(と言っても、7時を回っていたが)
スーパーに立ち寄ってから、ピザ屋に行く。のんびりと食事をしていると、帰りの最終バスの時間になる。少し焦って広場へ向かい、なんとか、一緒にいたヘナ、台湾人のペイ、芹川さんと一緒に、バスに乗り込んだ。

帰ってきたら、色々と片付けるべきことを片付け、少しステージに向けての練習をして、床についた。