カテゴリー: インタビュー

パフォーマンスを身体から切り離す。ジャグラー・小野澤峻さんの美しき試み。

編集長の青木です。小野澤峻さん、というジャグラーの友人がいます。
彼が、”Movement act”と名付けられたこんな作品を発表していました。
(註:記事公開時現在、展示は終わっています。)

 

View this post on Instagram

 

Shun Onozawaさん(@shun__z)がシェアした投稿

小野澤さんは現在、東京藝術大学4年生。
今春には学部を卒業予定。
この作品は、卒業制作として提出されました。
8方向から次々にボールが打ち出されて、中心で交わり続けるこの美しい作品。
ジャグリングをモチーフとして制作された、とのことですが、一体どのような経緯で制作されたのでしょう。

“Movement Act” 作者の小野澤さんインタビュー


青木:この作品のもとになった考えは?

小野澤:「パフォーマンスを身体から引き剥がして展示することはできるのか、ということです。この機械は5分に一回くらいの確率で失敗もするんですよ。そういう風に調整しています。全く失敗せずに終わる回もあれば、(註:この展示会では、15分おきに一回起動して、3分ほど動かしていた)はじめの1分くらいで衝突してしまう回もある。ちゃんと失敗するので、見るたびに異なる結果が引き起こされて、まるでパフォーマンスを見ているようなライブの緊張感、ワクワクする感じが引き起こされる、と思っています。」

作品の説明をする小野澤さん(右)

青木:どんな経緯でこれを思いついたのでしょう?

小野澤:「大学に入ってから4年間ずっと、ジャグリングを美術で表現するにはどうしたらいいんだろう、と考えてきました。でも、そもそも美術予備校に入ったのも高校3年生の9月で、本当に遅かった。入ってからも全然美術の知識がなくて。ジャグリングを演じるという手法しか知らない自分にも嫌気がさしていました。そこで2年生でいったん、わざと直接的にジャグリングを絡めた作品を作って、そこで区切りをつけたんです。」

「3年生の時は、写真をやっていたんですよ。その時の作品で、『こういう細かいところの感覚は、小野澤くんらしい、ジャグリング的な作品だね』と講評されたものがありました。それは、ジャグリングを絡めていないものだったんです。その時に気づいたことがありました。それは、自分に宿るジャグリング性は、身体の技術だけじゃなくて、むしろ世界の捉え方や、ものごとの見方の中にあるんだな、と。」

青木:ではどのようなプロセスで、ジャグリングのパフォーマンス、考え方を展示に置き換えていったのでしょう。

小野澤:「ジャグリングでは、キャッチと投げる、という行為があります。だからはじめは、投げる、取る、という構造でできた、世の中にあるものを洗い出しました。ピッチングマシンなんかも調べました(笑)最終的に、スマートボールにヒントを得て。」
「当初は上方の投げ上げで表現しようとしましたが、それではジャグリングそのものに寄り添い過ぎている。それより、展示をするということに特化した条件で模索をしていった結果、転がす、という結論にたどり着きました。」

(このアカウントで、他にもプロトタイプの動画が公開されています。)

「はじめのプロトタイプは十字のクロスで、これができたのが昨年の6月。そのあといろいろ試行錯誤があり、レールが8本になってから、難易度が飛躍的に上がりました。最終形態の調整には、4ヶ月かかりましたね。レールを0.1mm削ってはテストし、また削り、の繰り返しです。中央のレールがない部分は制御ができないので、バネとボールの距離、そしてレールで工夫するしかないんですよ。でもそこは、ジャグラーとして、あくまでお金を出して解決するのではなくて、手仕事での解決にこだわりました。」

この美しいレールも、全て自身で削って、着色している。

青木:実際の制作はすべて自分で?

小野澤:「発射を制御するプログラムは知人に作ってもらいましたが、それ以外は全て自分で作りました。盤面は木製で、それを削るところから、盤面を支える金属の台は溶接から、ソレノイド(註:発射を担う装置)の配線の格納まで、全てデザインと作業を自分でしています。」

配線について説明する小野澤さん(左)

青木:これからの予定は。

小野澤:「今所属している、先端芸術表現科の院試があと数日に迫っています。そこに受かったら、作品作りはやめて、まちづくりなどの現場に積極的に入りたいと思っていたんです。アーティストやジャグラーを、社会のどこにフィットさせるのかを俯瞰する立場の仕事がしたくて。ただその前に、作家の気持ちもわかるようにしておこう、と思った。だからこの4年間は表現活動に捧げて、それで終わりにしようと思ってきたんですが、まさかこの作品にこんなに反響があるとは思わなくて(笑)ありがたいことに、ぜひ続きが見たい、という声もいただくので、どうしようかな、と迷っているところです。」


小野澤さんのお話を聞いてから見ると、より芯のある作品だ、と感じられました。
ジャグラーとしての、4年間にわたる美術の研究が、シンプルに表されているような気がしました。
ジャグラーが、別の形でジャグリングを表現する、ということの、非常に秀逸なかたちだと思います。
今回の展示は東京都美術館で行われたもので、2019年1月28日から2月3日までで終了しています。
いち観覧者として、ぜひまた多くの人に見てもらう機会があったらいいな、と思う素敵な作品でした。

小野澤さん自身について

小野澤峻(おのざわ しゅん)。ボールジャグリングが得意。本格的な映像制作・写真撮影もお手の物。大きなジャグリングの舞台にも出演経験があり(ながめくらしつによる作品)、「SLOW MOVEMENT」という、障害者とともに作り上げるサーカスの活動にも積極的に参加。さまざまな方面に興味を持つジャグラーです。

小野澤さんが撮影した映像作品

PONTEより

PONTEは、ほぼ個人プロジェクトとして継続しています。
以下リンクから、雑誌バックナンバーや、Tシャツなどのグッズを購入していただけると、とても励みになります。

PONTE STORE
毎週届く、無料メルマガの登録もぜひ。


ギヨーム・カルポヴィッチ(ディアボリスト) インタビュー Interview with Guillaume Karpowicz (Diabolist)

(English ver.)

記事訂正 ※2018/11/26 ギヨーム・カルポウィッツ->ギヨーム・カルポヴィッチ 表記に変更

一ヶ月ほど前、ギヨーム・カルポヴィッチ(Guillaume Karpowicz)というフランスのディアボリストが、YouTubeで新しいビデオをリリースしました。

“One Diabolo”

筆者はFacebookでこのビデオが流れてきた時、思わず叫び声を上げてしまいました。
彼なりの新しいスタイルである上、面白い。技術も卓越している。

現在のディアボロ世界全体の技術レベルは、日進月歩です。
反面、スタイルにおいては、似通ったものが多い、というのが正直なところです。
このビデオは、そこに現れた光明でありました。
PONTEは、すぐに彼にメールを送って、インタビューを行ってみました。

質問・翻訳:青木直哉(編集長)

ギヨーム・カルポヴィッチ インタビュー (2015年12月)

-ディアボロはどれくらいやっていますか?

2015年時点で、12年です。

-現在、DOCH(スウェーデンのサーカス学校)では何年生で、いつ卒業する予定ですか?

3年生で、2016年の6月に卒業する予定です。

-1日どれくらい練習しますか。どのような練習方法をとっていますか。たとえば、練習中にノートをとったりなどしますか。

僕は、ある期間がっつりやって、ある時はぱったりやらない、というタイプです。
なので、1日何時間もやる日を毎日続けて、ある時は全く練習しなかったりしますね。
新しいことを見つけたい時は、即興を試すか、コンセプトを決めて、それに沿ってやります。

コンセプトなら、まず制約を決めるか、特に掘り下げることをひとつ決めたあと、自分にとって自然だ、明快だ、と思える動きを模索していきます。
ノートは基本的にはほとんど取らないですね。
必要だと感じたら取ることがある、くらいです。

1606324_10202117080840060_114417834_o

(photo=Einar Kling-Odencrants)

-ダンスは、学校で習いましたか、それとも自分でやりましたか?

学校でダンスの授業はあるにはありますが、基本的には自分でやりますね。
およそ練習ということに関しては、なるべく無理にやらないようにしています。特に決まった練習方法があるわけでもありません。
好きな動きを何回も何回も繰り返したら、そのうちに勝手に身についてきます。

-スティック2本、あるいは4本を使って形をつくるアイデアはどこから来たんですか?

ダンサーと一緒にいるうちに思いつきました。
もっと具体的に言うと、ニキ・ブロムバーグ(Niki Blomberg)という友達が、フィンガータッティングを教えてくれて、その振り付けを模して作ったのが、最初のスティックの動きになったんですね。4本を使うアイデアは、自然に湧いてきました。見た目も悪くないし、可能性が広がるのは明らかだったので。
始まりはそんな感じなんですが、それ以降はフィンガータッティングを教えてもらうのはやめたんですよ。なんでかというと、あんまり影響を受けすぎたくなかったから。もっとスティックを使って何か作ろう、と思って。タッティングの基礎は、もう分かったし。
他に僕がやっていることに近い分野では、スティックを使ったコンタクトジャグリングもありますよね。
もうそれはすでにいろんな技が開発されています。アンチスピンとか、アイソレーションとか。でも、とにかく僕は、スティックとディアボロを使ってでしかできないこと、を研究したいんですよ。

-音楽を練習中に聞きますか?聴くなら、どんなものを聴きますか?

音楽はだいたいどんなジャンルも好きです。けど、特にハウスとアンビエントが好きかな。進化が早いので。ミニマル音楽も好きで、まぁ要するに、やたらに音が多くなくて、限られた音が使われている感じの音楽が好きなんですね。

-次のEJC2016には来ますか?

んー、たぶんね、行きたいとは思っているよ!

pontekun文末黒

 

Guillaume
 

ギヨーム・カルポヴィッチ:フランスのディアボリスト。長身。ワインを、3ミルインワンハンドをしながら飲んで見せてくれたことがある。

(photo=Einar Kling-Odencrants)

紙雑誌PONTEの最新号も発売中です。

English ver. (translation=Nao)

Last year when I saw his new video, for the first time on Facebook, I almost cried.
His style was totally original, and technically hard at the same time.

“One Diabolo”

In diabolo scene these days, the general technique level is skyrocketing (there are some players who spin 5 diabolos at a time, on one string, can you believe that? 10 years ago, there were only a few who could do 3.), but honestly speaking, the variety in style is not that much diversified.
Now this video by Guillaume, a talented French diabolist studying at circus school DOCH is one of the breakthroughs.

PONTE interviewed him by e-mail.

Interview with Guillaume Karpowicz (Diabolist)  (in Dec. 2015)

Interviewer=Nao (PONTE chief Edt.)

1. How long have you been diabolo-ing in your life?

I have been doing diabolo for 12 years now.

2. What grade are you in DOCH, and when are you supposed to be graduating?

I am in my third year, and graduate in June 2016.

3. About how long do you practice/research a day, and how do you proceed the research mainly? Do you take notes in practice for example?

I work by periods, of intensive work and no work at all. So I could practice sometimes many hours a day for a while and then nothing at all for another while. When I want to come up with new material, either I improvise or I work with concepts. When it’s the case, I am starting with a general idea or focus and then I just explore what feels obvious or natural to me. I rarely take notes in the practice but I do take some afterwards, If I feel I need to.

4. Did you learn dance at DOCH, or you just trained it by yourself?

We do have the occasion to learn dance at school but I mainly do it by myself. In that case, I really avoid to force myself when it comes to practice and I don’t have any method. I often just repeat the same moves so many times because I like it and it just evolves with the time of the repetition.

5. Where does 4(or 2,) sticks shape making idea come from?

It came from being around dancers. More concretely, a friend of mine, Niki Blomberg, taught me Tutting and the first stick shapes were translated from a choreography I learned. Then it came naturally to me to add extra sticks. It was an obvious way to make it more visual and to give it more possibilities. That was the starting point, but since I explore that, I stopped learning more Tutting stuff because I don’t want to be influenced too much in that direction so I rather explore with the sticks, I already know the basics anyways. Another close field is the contact juggling with sticks where many techniques already exist such as anti spins, isolations etc. But again I rather try to focus on the things that only my props can do.

6. What kind of music do you listen to while you practice, or you don’t listen to any?

I can listen to many genres of musics. I especially like house music and ambient because those genres often evolves progressively. I like minimal music and by that I mean music that tends not to have so many different sounds and that stick with few of them only.

7. Are you planning to come to the next EJC2016?

Probably yes, I would like to!

1547984_10202117080600054_1353337268_o

Guillaume Karpowicz : French diabolist. He’s tall.(At least for a Japanese’s eyes) He once showed me drinking a bottle of wine, doing 3 diabolos in one hand.

(photo=Einar Kling-Odencrants)

Read more