第4便 (2018/9) オーストラリアのコメディアンジャグラーMichael Connel

ワーホリ×ジャグリング第4便ということで、今回は私がオーストラリアで出会ったコメディアンジャグラーMichael Connelを紹介します。

Juggler vs Gravityにて宇宙からやって来たMichael

Michael Connel プロフィール

メルボルン出身 ブリスベン在住
ジャグラー、コメディアンとしてオーストラリア各地で活躍中。サーカス学校での指導も行っている。2011年にはオーストラリアの才能発掘バラエティショー、”Got Talent”にも出演。

私は2018年2月にQueen Street Mallで行われたバスキングライセンスのオーディションで彼に出会いました。

その後、彼のYouTubeチャンネルを見てコメディアンであることを知りました。オーストラリアのジャグリング、バスキング、サーカス関係者で彼を知らない人はいません。

2018年7月14日にThe Sideshow West End(ワーホリ×ジャグリング第2便参照)にて彼の新作ショー「Juggler vs Gravity」が公演されました。

観客の子供とジャグリングしている様子

ショーは約45分。子供向けで、前列には子供用のスペースが設けられていました。宇宙らしいBGMと共に、宇宙からやって来たMichaelが登場し、ショーが進んでいきます。

彼の特徴は何と言っても、コメディアンならではのトークスキル。彼の口からは次々とジョークが飛び出し、大人も子ども関係なく観客を笑いの渦に巻き込んでいました。

観客の使い方も素晴らしく、私も学ぶことが多くありました。中でも私が面白いと思ったのは3ボールカスケードをしながら観客が言った動物の真似をするといったもので、表情や動作の細かいところまで似せていて即興とは思えないクオリティでした。

ジャグリングスキルも素晴らしく、一輪車に乗りながらのジャグリングや、低い天井での3クラブバッククロス(2回転)がとても安定していました。

ゴリラの真似をするMichael

また、8月20日にブリスベン市内で開催されたFast&Looseというパ、フォーマーが集まり各々がショーを披露し合うイベントにて、再びMichaelのショーを見る機会がありました。Juggler vs Gravityとは違って大人向けで、ブラックジョークを交えたトークで観客を笑わせていました。

Fast&LooseでのMichael

Michaelは元々ジャグラーではなく、10代の頃からコメディアンとしてトークだけでステージに立っていたそうです。その後トークにジャグリングを組み込んで現在のスタイルに至っているとのことでした。ジャグリングがきっかけで大道芸を始めトークを磨く人は沢山いますが、彼の場合は逆です。また、観客を一人でも不快な思いにさせないようなトークを常に心掛けているとのことでした。そういった背景から、彼のショーは老若男女問わず、自然と笑いが起こり、皆に愛されているんだなと感じました。

Michaelと筆者とマジシャンAaron

芹川さんご自身のブログはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください