ジャグリングがつなげるもの 特別編 ジェイ・ギリガンに会いに。(4)

2016年7月4日発売『書くジャグリングの雑誌:PONTE』第12号では、編集長自らがニュージーランドへ行き取材をしてきた様子を掲載しました。その全編を毎週水曜日、8月3日まで全5回でWebに連載。

お楽しみください。

(2016年7月4日発売『書くジャグリングの雑誌:PONTE』第12号より転載)

IMG_2642

 

ジャグリングがつなげるもの 特別編 ジェイ・ギリガンに会いに。(4)

レネゲードショー

レネゲードショー、というのは日本にない習慣である。欧米のジャグリングのフェスティバルには欠かせないイベントだ。夜10時、11時くらいから始まって、そのまま日付が変わるまでだらだらやっている。レネゲード用にセットされた舞台(といっても、照明が当たっているだけの空きスペースであることが多い)の前にみんなで集まる。集まった人の中から、我こそは、という人が舞台に入ってきて、なんでもいいので披露する。初日の夜、まず公式のイベントとして行われたのがこのレネゲードであった。
少数だが正統派のジャグリングをする人もいる。仰向けになった男の人の手で支えられながらヴァイオリンを弾く人もいる。母親にゲイであることを告白したときの話をする人もいる。MCが面白ければ面白いほど、大したことをしていなくても観客は大盛り上がりする。このフェスティバルのMCは、大柄で人のいい大道芸人のザックだった。日系ニュージーランド人のコウゾウと一緒に、オークランドの街角でバスキングをしているそうだ。
私も、酔った勢いに任せてディアボロの演技をした。実に、大盛り上がりだった。終わると、控えていた次のパフォーマーが愉快に話しかけてくる。その愉快な気分で、彼が調合した、ジンジャービールという汚い色の液体を勧めてきた。会場のみんなが「飲むな、飲むな!」と言う。私はすっかり酔っていて、それを勢いよく飲んでしまった。そのあと、口の中にずっと変な味が残り、なんだか気分が悪かった。

レネゲードショーが終わった後、私はガラショーに招待された。つまり、演じる方として。そういうわけで、次の日にミーティングをすることになった。

 

クリスティーンに会う

前日ファイアーセッションを経て遅くまで起きていたものの、不思議と目が早く覚めて、ミーティングが始まる時間までずいぶんあった。なのでフェスティバルらしいことをして過ごす。
コンベンションならではのワークショップの枠もこのフェスティバルにはある。それは各自がホワイトボードに書くだけで、その中から選んで好きに参加すればいい、という形態のものだ。別に文句を言われるわけでもないので途中から適当にぶらっと入ってもいい。正午になるまで、知り合ったクリスティーンとコンタクトポイのワークショップを受けたり、空いた芝生でディアボロを教えあったりしてぶらぶらした。
クリスティーンはオーストラリア出身の女の子である。見た目はむしろ日本人だ。彼女によれば、両親はマレーシアの中華系の家庭の生まれだという。だから一緒にいると、二人とも日本から来たのか、と尋ねられることが多々あった。というより、私はどこか東南アジアの人だと思われて、「日本から来たっていうのは君か」とクリスティーンが標的になった。
さて、正午になるとクリスティーンと別れて、昨日のレネゲードが行われた場所に向かった。なんということはなく、音楽を提出して、照明について説明して、それで終わった。実に簡単である。ミーティングが終わると、髪を濡らしたクリスティーンを見つけた。なにをしていたの、と聞いてみると、「ウォータースライダーが面白すぎて、もう今日だけで3回行っちゃった」ということである。その3回というのが、3本滑ったのではなくて、今日で3セッション目というような意味で、まず眠りから覚めてすぐに滑って、汗をかいたらまた滑って、ジャグリングに疲れたらまた滑る、というようなことをしていたそうである。呆れてしまった。朝から目覚まし代わりにウォータースライダーに行くクリスティーンは低い声で「あなたも次は一緒に行くべきよ」と言った。

 

プールのショー

ガラショーの前に、ジェイによるもうひとつのショーが行われた。「プールでやるらしいよ」と言われたので、私はてっきり「プールの辺り」でやるのだという風に解釈したのだが、実際に演技が行われたのは、本当に室内プールのへりであった。
会場にはフェスティバル参加者ではない一般の人も遊びに来ており、三々五々自由に遊泳していた。そこへジャグリング道具を持ってジェイがひょこひょこ現れて「どうもみなさん」と挨拶をして、ジャグリングをし始めたのだ。私はすっかり感心してしまった。ポカンとしている水着姿の人々が多い中、外からそのままの服装で入ってきた私は、なんだかすごく気分がいいのと、おかしいのとで、ゲラゲラ笑いながら演技を見ていた。もちろん全員が唖然としているのでもなく、面白がる人はとことん面白がって歓声をあげて盛り上がっていた。
そして、あらかた舞台上を暴れ終えて、そこら中に道具や毛糸や紙くずが散らばっている中、最後にきちんとプールの中に飛び込んでくれたジェイに、心から拍手を送った。

 

IMG_5330

 

(5)へ続く
(3)へ戻る

 

冊子で読みたい方はこちら。他にもインタビューなど掲載。

【宣伝用】PONTEvol12 バナー

 

文・写真=青木直哉


One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください