第67回「はしご」

本日は池袋のあうるすぽっとに『我的地図』を観に行きます。「からだをとりもどす」スキルアッププログラムの本年度の公演、だそうで僕はあんまりよく知らないんですが、ハチロウ君に薦められたので一緒に観覧予定。
pai-art.org/karada/
身体性について、平たく言うとからだとそれ以外のこととの関係について考えることが多い。
文章を書くにしても、自分のからだと接続してある書き方をしないと、どうもしっくりこない、という時もある。
ジャグリングならば、もっと身体に意識が向いたジャグリングの可能性も見えてきている。
『我的地図』を見たら、今度は新宿に移動して『TROPE』にはしご。こちらも、家具とからだの問答、というようなテーマが据えられていて、関連性が高い。ついでにはしごみたいな家具も使うらしい。
ちょうど池袋と新宿も近いし。
今日は「からだデー」です。
天気がいいので気持ちいいですが、ついでに花粉が顔を刺激してきます。
人間は、周りを取り囲む状況に対する自己の身体の反応の中にしか生きられないという意味では、花粉症もまた「ものとからだの関係」なのであります。
今日は花粉症とパフォミングアーツについて考えたいと思います。

【PONTEインタビュー】『TROPE3.0』モノクロームサーカス・渡邉尚インタビュー(JP)
jugglingponte.com/?p=1425

文=青木直哉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です