ギヨーム・カルポウィッツ(ディアボリスト) インタビュー Interview with Guillaume Karpowicz (Diabolist)

(English ver.)

一ヶ月ほど前、ギヨーム・カルポウィッツ(Guillaume Karpowicz)というフランスのディアボリストが、YouTubeで新しいビデオをリリースしました。

“One Diabolo”

筆者はFacebookでこのビデオが流れてきた時、思わず叫び声を上げてしまいました。
彼なりの新しいスタイルである上、面白い。技術も卓越している。

現在のディアボロ世界全体の技術レベルは、日進月歩です。
反面、スタイルにおいては、似通ったものが多い、というのが正直なところです。
このビデオは、そこに現れた光明でありました。
PONTEは、すぐに彼にメールを送って、インタビューを行ってみました。

質問・翻訳:青木直哉(編集長)

ギヨーム・カルポウィッツ インタビュー (2015年12月)

-ディアボロはどれくらいやっていますか?

2015年時点で、12年です。

-現在、DOCH(スウェーデンのサーカス学校)では何年生で、いつ卒業する予定ですか?

3年生で、2016年の6月に卒業する予定です。

-1日どれくらい練習しますか。どのような練習方法をとっていますか。たとえば、練習中にノートをとったりなどしますか。

僕は、ある期間がっつりやって、ある時はぱったりやらない、というタイプです。
なので、1日何時間もやる日を毎日続けて、ある時は全く練習しなかったりしますね。
新しいことを見つけたい時は、即興を試すか、コンセプトを決めて、それに沿ってやります。

コンセプトなら、まず制約を決めるか、特に掘り下げることをひとつ決めたあと、自分にとって自然だ、明快だ、と思える動きを模索していきます。
ノートは基本的にはほとんど取らないですね。
必要だと感じたら取ることがある、くらいです。

1606324_10202117080840060_114417834_o

(photo=Einar Kling-Odencrants)

-ダンスは、学校で習いましたか、それとも自分でやりましたか?

学校でダンスの授業はあるにはありますが、基本的には自分でやりますね。
およそ練習ということに関しては、なるべく無理にやらないようにしています。特に決まった練習方法があるわけでもありません。
好きな動きを何回も何回も繰り返したら、そのうちに勝手に身についてきます。

-スティック2本、あるいは4本を使って形をつくるアイデアはどこから来たんですか?

ダンサーと一緒にいるうちに思いつきました。
もっと具体的に言うと、ニキ・ブロムバーグ(Niki Blomberg)という友達が、フィンガータッティングを教えてくれて、その振り付けを模して作ったのが、最初のスティックの動きになったんですね。4本を使うアイデアは、自然に湧いてきました。見た目も悪くないし、可能性が広がるのは明らかだったので。
始まりはそんな感じなんですが、それ以降はフィンガータッティングを教えてもらうのはやめたんですよ。なんでかというと、あんまり影響を受けすぎたくなかったから。もっとスティックを使って何か作ろう、と思って。タッティングの基礎は、もう分かったし。
他に僕がやっていることに近い分野では、スティックを使ったコンタクトジャグリングもありますよね。
もうそれはすでにいろんな技が開発されています。アンチスピンとか、アイソレーションとか。でも、とにかく僕は、スティックとディアボロを使ってでしかできないこと、を研究したいんですよ。

-音楽を練習中に聞きますか?聴くなら、どんなものを聴きますか?

音楽はだいたいどんなジャンルも好きです。けど、特にハウスとアンビエントが好きかな。進化が早いので。ミニマル音楽も好きで、まぁ要するに、やたらに音が多くなくて、限られた音が使われている感じの音楽が好きなんですね。

-次のEJC2016には来ますか?

んー、たぶんね、行きたいとは思っているよ!

pontekun文末黒

 

Guillaume
 

ギヨーム・カルポウィッツ:フランスのディアボリスト。長身。ワインを、3ミルインワンハンドをしながら飲んで見せてくれたことがある。

(photo=Einar Kling-Odencrants)

紙雑誌PONTEの最新号も発売中です。

English ver. (translation=Nao)

Last year when I saw his new video, for the first time on Facebook, I almost cried.
His style was totally original, and technically hard at the same time.

“One Diabolo”

In diabolo scene these days, the general technique level is skyrocketing (there are some players who spin 5 diabolos at a time, on one string, can you believe that? 10 years ago, there were only a few who could do 3.), but honestly speaking, the variety in style is not that much diversified.
Now this video by Guillaume, a talented French diabolist studying at circus school DOCH is one of the breakthroughs.

PONTE interviewed him by e-mail.

Interview with Guillaume Karpowicz (Diabolist)  (in Dec. 2015)

Interviewer=Nao (PONTE chief Edt.)

1. How long have you been diabolo-ing in your life?

I have been doing diabolo for 12 years now.

2. What grade are you in DOCH, and when are you supposed to be graduating?

I am in my third year, and graduate in June 2016.

3. About how long do you practice/research a day, and how do you proceed the research mainly? Do you take notes in practice for example?

I work by periods, of intensive work and no work at all. So I could practice sometimes many hours a day for a while and then nothing at all for another while. When I want to come up with new material, either I improvise or I work with concepts. When it’s the case, I am starting with a general idea or focus and then I just explore what feels obvious or natural to me. I rarely take notes in the practice but I do take some afterwards, If I feel I need to.

4. Did you learn dance at DOCH, or you just trained it by yourself?

We do have the occasion to learn dance at school but I mainly do it by myself. In that case, I really avoid to force myself when it comes to practice and I don’t have any method. I often just repeat the same moves so many times because I like it and it just evolves with the time of the repetition.

5. Where does 4(or 2,) sticks shape making idea come from?

It came from being around dancers. More concretely, a friend of mine, Niki Blomberg, taught me Tutting and the first stick shapes were translated from a choreography I learned. Then it came naturally to me to add extra sticks. It was an obvious way to make it more visual and to give it more possibilities. That was the starting point, but since I explore that, I stopped learning more Tutting stuff because I don’t want to be influenced too much in that direction so I rather explore with the sticks, I already know the basics anyways. Another close field is the contact juggling with sticks where many techniques already exist such as anti spins, isolations etc. But again I rather try to focus on the things that only my props can do.

6. What kind of music do you listen to while you practice, or you don’t listen to any?

I can listen to many genres of musics. I especially like house music and ambient because those genres often evolves progressively. I like minimal music and by that I mean music that tends not to have so many different sounds and that stick with few of them only.

7. Are you planning to come to the next EJC2016?

Probably yes, I would like to!

1547984_10202117080600054_1353337268_o

Guillaume Karpowicz : French diabolist. He’s tall.(At least for a Japanese’s eyes) He once showed me drinking a bottle of wine, doing 3 diabolos in one hand.

(photo=Einar Kling-Odencrants)

関連のあるビデオ
Related Videos

 

(文責・青木直哉)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です