月別: 2016年3月

【PONTEレポート】2016年3月24日(木) 渡邉尚フロアジャグリング・ワークショップ (JP)

取材=青木直哉
文・写真(一番上除く)=青木直哉

渡邉尚とは

_SB18902.tif

©Shinya B

渡邉尚
その柔軟な身体をしたがえてジャグリング界に突如現れた、異質なジャグラーである。

昨年末に、山村佑理とのカンパニー「頭と口」による公演『MONOLITH』をおこない、ダンス、ジャグリングの双方から大きな反響を呼んだ。

その持ち味はなんといっても身体性で、もともとジャグリングをしては居たものの、本業はダンスだった。
しかし去年、偶然サーカスプロデューサーの安田尚央氏の目に留まったのをきっかけに、既にジャグリングの方では長らく脚光を浴びていた山村佑理と出会って、現在はジャグリングの世界へもどんどん活動を広げている。

彼はいま、飛ぶ鳥落とす勢いでコンテンポラリーダンス界から注目されているのだ。
今年2月には福岡ダンスフリンジフェスティバルに出演、これも引き金のひとつとなって国内外のプロデューサーの目に止まる。
世界のフェスティバルからも声がかかり、来月には早速、韓国のインプロフェスティバルに出演とのこと。また、ダンサーの登竜門でもあるトヨタコレオグラフィーアワードのファイナリストにも、今年選出された。

今回は、Monochrome Circusの一員として東京に来たのを機に、「フロアジャグリング・ワークショップ」を行う運びとなった。(PONTEが企画したわけではありません)

フロアジャグリングとは

フロアジャグリングとは渡邉尚が提唱するジャグリングの形である。
いままでのジャグリングがいわば「制空権」に特化していた、「特化しすぎていた」のと違い、彼のジャグリングは「床を使う」要素を取り入れつつ、環境すべてを使いながらモノ(たとえばボール)と関わっていくジャグリングだ。

ただ現在「ジャグリング」と呼ばれているものとは根本から違うだけに、なかなか説明しづらい。
私もこれじゃあ、わからないと思う。

そこで、フロアジャグリングワークショップでは、非常にわかりやすい形でその方法の一端を提示してくれたのだ。

 

IMG_2799

ボールの取り方のエクササイズ「一手」の最中。一番右が渡邉尚さん。

ワークショップの内容

プロジャグラーも含む8人。
車座になって和やかな雰囲気から始まり、いくつかの予備練習から入る。
ぐるぐると動きながら、相手の目を見たらボールをパスする、床を転がす、足で止める、など。
その後「一手」という練習。
円陣の真ん中にあるボールをいかに取るか。
続いて「二手」。
二つ置いたボールを、ひとつの動きで取る。

これらの練習には、従来のジャグリングで当たり前とされているような技術(カスケードなど)を一切使わない。誰にでもいきなりできることからスタートしていく。
グリッド、モメンタム、など、渡邉さんが整理した言葉でこれらの動きの説明がなされていく。
ソロの練習を経た後、今度は二人ひと組でボールを6個後ろに投げ、それを元に即興でグリッド、モメンタムの実践。観客にどう見せるかも意識しつつ、どうやってボールと身体の関係を「成り立たせて」いくか。それが問われる。

最後は半分ずつに分かれてショーイングをする。
これが面白かった。
3分程度の音楽をかけて、後ろを向いて投げた12個のボールに対して4人が一気に行動を起こしていく。確かにほぼ全員ジャグリングを長年やっているといえど、フロアジャグリングは誰もが未経験。

IMG_2879

しかしこれが意外と「できちゃう」のである。
自然と役割ができて、その時々で、誰に何をさせるかをなんとなく判断する。
みんなでボールを並べる、壁に一列に並ぶ、俺がソロをやる、彼女にソロをやらせる。デュオが始まったので、自分は隅で存在を消す。
言葉で考える時間はなくて、ただその場の状況、環境に合わせて身体を委ねるのみだ。
やっている方は実に楽しい。ここぞというタイミングで息があったときなど、非常な満足感を覚える。
そして見る方にしても、止まることなく一瞬一瞬有機的に変わっていく様子を見るのは実に愉快だ。

IMG_2858

こんなことも起きる

途中渡邉さんから「音楽を聴いて!」「環境を使って!」「まだ起きてないことをしてください!」など、言葉が飛んでくる。

各組2回ずつ見せて、時間を目一杯使ったワークショップは終わった。

フロアジャグリングは、「実践すると楽しい」

渡邉さんの提唱するフロアジャグリングのコンセプトにははっきりと根拠があって、理論がある。ただ珍しいジャグリングをしている、というだけではないことが肌で分かった。

ダンスの世界では当たり前とされているようなこともきちんと裏付けとして紹介してくれたので、説明も非常にわかりやすかった。

そして何より、実践すると、ホントに楽しいのである。

IMG_2914

もっとやりたい、と思った。
渡邉さんは、「ゆくゆくはフロアジャグリング合宿をやりたいですね」と言っていた。
たしかにフロアジャグリングの楽しみと深奥に触れるには2時間では到底足りない。城崎あたりで温泉に入りながら、1週間くらいフロアジャグリングの練習をみんなで毎日できたらいいのに。うむむ。■

2016年3月26日

 

弾丸余談

・自分で体験してみることで、頭と口のジャグリングがより面白く見られようになった。

・最近渡邉さんに紹介された、「チンロン」という、ハイレベルな蹴鞠のようなミャンマーの国技があるのだが、「参加者全員が有機体となっていくこと」を至上の喜びとするこのスポーツ(尚さんは、これを「ミャンマーでは最もジャグリングが進んでいる」と形容します)になぜ渡邉さんが強く惹かれているのか、わかった気がしました。詳しくは、また機会があった時に紹介します。というか、渡邉さんが紹介してくれるはずです。

・渡邉尚と山村佑理の哲学が読める、PONTE2015年秋号も、どうぞご購入よろしくお願いします。世界最大のジャグリング大会、EJCの記事も濃いです。1500円ですが、それに見合うだけ面白い自信があります。

第74回「蛍の光と習得について」

桜木町のカフェから出るときに「蛍の光」が流れた。
「ほーたーるのーひーかーあり」と歌いたくなった。
店員さんがびっくりするから歌わなかったが、なんで俺この曲覚えてるんだろ、と思った。
人間は「ただ無意識に触れること」を繰り返すだけで簡単に何かを覚えてしまう。

その「繰り返す」のスパンは、一週間何度も、ではなく、3、4年コンスタントに、というスパンである。
「もっともーっとたけもっと」とか、「あぐらぼーくじょーう」とか。
もっともーっと役に立つであろう英語のフレーズよりも鮮明に頭に残っている。

勉強にしてもジャグリングにしても、成し遂げられない一番の要因は「途中でやめてしまう」ことに尽きるんじゃないか。
やり方の質ばかり気にして、却って「イヤになる」。
短期間で成果をあげようと頑張れば頑張るほど、あとに続かなくなる。

気合を入れすぎてしまうと続かない。
ふみ読む月日は、重ねるだけでいいんだ、という楽な気持ちで延々と取り組む方がいいんだろう。
「蛍の光」の丸暗記は、「プレッシャーの無さ」がなせる業だったのだ。
現代には蛍光灯が有るから、毎日ふみを読むのもちょっと楽である。

文=青木直哉

第71回「エティエン・ショズィのちょっと『ズラしてる』感じ」

フランス生まれのディアボロの達人、エティエンが久しぶりに新しい動画を出した。お兄ちゃんのトマと一緒だ。

でも真相は知らないけれど、これ、本当に新しいのかどうかはよくわからない。二人ともちょっと若いようにも見える。
まぁ、とにかく、最近公開されたことには変わりがない。

エティエン・ショズィ。
2014年のJJF(日本最大のジャグリングの大会)のゲストだった。
Facebookもやっていないし、定期的に動画も出すわけでもない。
何も動向を知らない。
もしかしてジャグリングをやめたんじゃないかと思っていた。

この動画、限定公開で、やたらに見つからないようになっているし、
動画の説明も
“Une Vidèo trés interessante Bitch!” (むっちゃ面白い動画だぞクソ!)だ。
このあたりにちょっと違いを感じる。

彼らの態度からは、目立ちたいというより、ただジャグリングをすることが好きなんだ、という思いが伝わってくるような気がする。

思い出を少し語ろう。
初めてエティエンの動画を見たのはいつだったろう。
たぶん、知らないうちにあ、2007,8年頃にコンピレーションビデオ等で見てはいたと思う。

以前(2006〜2008くらい)は海外のジャグラーの名前などあんまり気にしていなかった。
海外のジャグラーについて真剣に(というか、頻繁に)語るようになったのは、実際に会うようになってからかもしれない。

初めて生で出会ったのは、デンマークのジャグリング大会である。
エティエンはゲストで、その前年にドイツのEJCでやった演技を、パートナーのギヨームと一緒にやっていた。
散々一緒に遊んだ後、二人を「ゲスト」として観た。良かった。
そうか、こうなんだなぁ、と思った。

次に会ったのはフィンランドのディアボロの大会。ギヨームはおらず。
というか、ギヨームが怪我をしていたので、埋め草で私が呼ばれたのだ。
大会が終わり、私を含め皆裸でサウナに入る中、エティエン一人だけ拒んでビールを飲んでいた。
(サウナの中で私たちもビールを飲んでいたけど)

そして2014年、東京に来る。
JJFが始まるまで池袋のホテルに泊まってもらい、毎日迎えに行った。
他の海外の参加者と一緒に街へ出る。
「ファッキンツーリストをやってやろう」と言って、写真を撮る時もわざとらしく観光客を装った。

舞台で使う音楽も、「ボイーンとかいう音を入れてわざとバカバカしくしてるんだ」と言っていた。
Facebook、なんでやらないの、と訊いたら、髭面のエティエン・ショズィは
「みんなFacebookの中に住んでるけど俺そういうの嫌だからさ…」
と言った。

日本から帰る時に、ディアボロのスティックをくれた。
どんな人だろうと別れるときは名残惜しい。
しかしことエティエンに限っては、執着が無くて、クールなところがあるから、もしかしてジャグリング関係で次に会うことはないんじゃないかと思った。

しかし彼の帰国後、エティエンのお母さんが
「パリにいらっしゃることがあったらいつでもうちに泊まりに来てくださいね」
と書いてくれた。昨日彼の新しい動画を見て、あ、そういえば家に招待されていたな、と思い出した。
彼の帰国後、エティエンのお母さんが
「パリにいらっしゃることがあったらいつでもうちに泊まりに来てくださいね」
とメールで書いてくれた。
新しい動画を見て、あ、そういえば家に招待されていたな、と思い出した。
さて、エティエンはどんなところに住んでいるんだろう。

文=青木直哉

第70回「ポイをやろうと思って考えること」

要するに、本当に僕たちは守破離を絶対に経なければならないのかどうか、という話である。

ポイを始めた。
何かを「習おう」というか、「勉強しよう」と思う。
なるべく自由にやりたい、と思う。
だがその前に一通り基礎を押さえなければならない、というのが一般通念である。

どんな個性的な達人にしても、結局、みんながやっているようなことを一通りやってから、
それを初めて「破って」そして「離れていく」。
ただし、一個の例外もないのか、と聞かれたら、確信を持ってハイ、とは言えないのではないか。
全部自分で体系を作り上げて、全部一から自分でやりました、という人も、中にはいると思う。

新しくないと意味がない、なんてことはないから、今までの先達が築いてきた基礎を押さえる、全くそれでいいはずだ。
しかしどこか「ただなぞっているだけ」という意識は、歯がゆいものがある。

大体、それに命を賭すくらいの覚悟がない限り、一から自分で何かを作り上げて普及させることを志向しても失敗すると思う。
そういう覚悟がなければ、ただ楽しみのために予めあるサンプルに沿って新しいことを始めて、みんなでワイワイやればいい。(別に批判ではない)

「一体我々は何に縛られているのか」ということばかり最近は気になってしまう。
雑誌が書店に並べられている様子を見ても、YouTubeで皆がジャグリングをやっているのを見ても、結局「何かしらの鋳型に自分を流し込むしかない」ということを眼前に突きつけられているようで、めまいがする。

文=青木直哉

第69回「託す仮想について」

仮想についてたまに考えます。
ハロウィンの吸血鬼とかセントパトリックデイのルイージ。
ではなくて仮想です。イマジネーションについて。

人間は自分の像とはちょっとずれたものをイメージして生きている。
自分をそのまま見たことがある人は誰一人としていない(たぶん)。
だから自分がどう見えているかは、原理的に、「想像するしかない」。

いくらビデオに撮っても、鏡を見ても、だめだ。
人生の大半は、鏡を見ることなく他人と接する時間でできている。
ものを触って認識するのと一緒で、局所的なフィードバックの形でしか認識できない。

(ついでながら、触覚だけの認知が不完全だと思うのなら、視覚も同じように大いに不完全であると言わなければなるまい。触覚によってテーブル全部を一瞬にして認知することはできないし、視覚でも、裏側は見えていないし、どれぐらい重いのかも私たちにはわからない)

他人と接する時、「いったい私はどう見えているんだろう」と思う。
その時、その「自己イメージ」の妄想は人間の形を取っていない時もある。
(そうですよね、たぶん)

必ず何か自分が「見たことのある何か」を想像しながら、行動を起こしている。
つまり私たちはかなり頻繁に「誰か」や「何か」の真似をしているんだと思う。

その一部として、たとえばGIF画像や絵文字で気持ちを伝える時、私たちは結構それに「なりきっている」フシがあるんじゃないかと思う。

考えてみると、不思議だよね。
写真を撮る時にピースをしちゃうとか、たとえば。
それは外国人が本を読んで「なるほど日本ではこうやるのか」と「学ぶ」のと違って、「こういう時には大体こうするもんである」という無数の具体例の自分なりの消化を通して形成されているのである。

他人の行動を自己イメージの基準軸として据えるのである。
あるいは真似することで、あるいは「あえて真似しない」ことで。
この範疇を超えた行動って、あるのだろうか。

言葉の習得についても同じようなことが言える。
別に本を読んで抽象的な解説から学ぶのではなく、天文学的回数の具体的用法を聴くことを通して、自分の行動(この場合、喉の筋肉の動かし方)を決めている。

文=青木直哉

第68回「『パフォーミング』について思ったこと」

ジャグリングにもいろんなあり方がある。
別に、エンターテインメントとして純粋に見せるも良いし、あるいは「表現芸術」として追求するも良い。
ただ昨日、二つの公演を続けざまに見て(『我的地図』『TROPE3.0』)ますます「ジャグラーがやれることはいっぱいあるなぁ」と思った。

ジャグリング「から」出発する追求の方向性がいっぱいある。
ナンバーズを極めるのもいいし、マニアックな3ボールをやるのもいい。あるいは「アーティスティックに」やるのもいい。
…という言い方をもうちょっと超えた捉え方で。

哲学者の鞍田さんがおっしゃっていた「抽象的な振る舞いの中で家具同士や、床とぶつかった時の音がすごくリアルで」という話が一番気になった。

つまりジャグリングでいうと、「5ボールカスケード」という抽象的な(つまり「他の誰でも再現できる」とみなしている)ものから、急に「青木くんのつや消し加工のやや重いボールが、割と高いところから落とされて手に収まった時の感触」みたいなあまりにも具体的なものにフォーカスが移ると、結構はっとする。

いや、これは成功するかわからないんだけど、たとえばボールに、回転数とか、どの面で止まったか、とか、逐一区別するような仕組みを作って(それが明らかに外に見えるような仕組みを作って)みたらどうだろう。
一度そういう話を美術家伊東篤宏さんとしたことがある。

それによって「なるほど、区別するとこういう結果になるんだ」ということに関して、何か「ははは」と笑いたくなるような成果物を生み出したら面白いと思う。今まで気づかなかった面に愉快に光を当てたことになる。

ものとの関わりが「抽象的な営みである」とみなされた時、最大公約数的に「ジャグリング」となるんじゃないかとも思う。(トートロジーっぽいが。「再現可能」に系統付けた時「ジャグリングの技だね」と言われる)ならば「リアルの生々しさ」を織り交ぜて驚きを作り出すことが十分可能である。

普段は、一個一個のボールを識別したりしないし、色が違かろうとなんだろうと「パターンを生み出すために使われるファクター」として、いわばただの「点」として扱われるが、(そうじゃないとジャグリングは成り立たない。「ボール半回転ミルズメス」と「ボール一回転ミルズメス」はどちらがいいか、という議論が存在しないように)道具の生々しさに時々意識的になることで、結構発見があるんじゃないかということだ。

文=青木直哉

第67回「はしご」

本日は池袋のあうるすぽっとに『我的地図』を観に行きます。「からだをとりもどす」スキルアッププログラムの本年度の公演、だそうで僕はあんまりよく知らないんですが、ハチロウ君に薦められたので一緒に観覧予定。
pai-art.org/karada/
身体性について、平たく言うとからだとそれ以外のこととの関係について考えることが多い。
文章を書くにしても、自分のからだと接続してある書き方をしないと、どうもしっくりこない、という時もある。
ジャグリングならば、もっと身体に意識が向いたジャグリングの可能性も見えてきている。
『我的地図』を見たら、今度は新宿に移動して『TROPE』にはしご。こちらも、家具とからだの問答、というようなテーマが据えられていて、関連性が高い。ついでにはしごみたいな家具も使うらしい。
ちょうど池袋と新宿も近いし。
今日は「からだデー」です。
天気がいいので気持ちいいですが、ついでに花粉が顔を刺激してきます。
人間は、周りを取り囲む状況に対する自己の身体の反応の中にしか生きられないという意味では、花粉症もまた「ものとからだの関係」なのであります。
今日は花粉症とパフォミングアーツについて考えたいと思います。

【PONTEインタビュー】『TROPE3.0』モノクロームサーカス・渡邉尚インタビュー(JP)
jugglingponte.com/?p=1425

文=青木直哉

第66回「それでも語るなら」

昨日、高校時代よく一緒にジャグリングクラブに行ったり、遊んだりしていた矢田君と、横浜でお酒を飲んだ。
彼はダンスやサーカスについて詳しくて、色々と語りあった。ジャグリングについても語る。
ハッピーアワーから飲み始め、随分長いこと居座っていた。

ジャグリングについて「語る」時の危うさが気になっている。
ジャグリングについて話していて、自分の話と、実際に身の回りにあるジャグリングとで、完全に乖離している感じがしたからである。

たとえばバレエからコンテンポラリーダンス誕生までの歴史については、特に身に違和感を感じることなく話し切れるのだが、(別に自分がやってないからだと思いますが)ジャグリングで、たとえば、今の問題点とか、あげてみて、と言われても、別に何も問題なんてないんじゃないか、という感じがする。だって、楽しいし。

というより、抽象的なレベルになった「ジャグリング」というタームについて、格別語りたいことを持たない。ただ、自分が見ていて面白いものとか、もっと具体的に、ジャグリングを通して出会いたい物事とか、そういうことの方が関心がある。

「ジャグリング」を取り囲む環境の基準は、随分人それぞれであり、そのそれぞれ具合は、たとえば学生のジャグリングしか見たことがない人と、EJCによく行っている人と、アフガニスタンのサーカスジャグラーとで、だいぶ違う。

カラフルな具合がとても楽しいよね、でもいいんじゃないかなあ、と思えてくる。
問題があるとしたら各自の道の中にしか問題はなくて、皆にとっての「ジャグリング」を据えちゃうと、まず「ジャグリングって僕にとってはこれなんだけれど」という地点から、交錯が大きいような気がする。

もちろん、アートとして追求するってどういうことだろう、ということにも十分関心はあるし、平たく言えばインテリジェンスを必要とするジャグリングの議論に関わるのも好きなのだが、私個人のことでいうと、特に問題となるのは、ニュージーランドのジャグラーってどういう感じか、とか単にそういうところが一番である。

ジャグリングについて語るといっても、何も批判的であるだけが能じゃないんだ、というのを改めて確認したかった。
ほどよくデタッチメントして、「ま、色々あるわな」というスタンスからとりあえず適当にスタートするんでも別にいいんじゃないか、と思う。

この絶妙な「語られなさ」「語りにくさ」っていうのは、ジャグリングにおける特殊性ではないか、とも思う。ジャグリングについて語ろうとすると、サーカスの話になっちゃったり、大道芸の話になっちゃったり、しないだろうか。
語り辛さというのは、表現芸術では全部同じかも知れないけれど。

とりあえず、その後矢田君と別のテーブルにいた外国人の方々のもとに行って、ジャグリングを見せて喜ばれたのは、なんとも愉快だった。

文=青木直哉

第65回「春樹の書き方について」

村上春樹が好きで、今、『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読んでいる。
フィンランドでアキ・カウリスマキの兄弟が経営するカフェに行ったら、40分くらいじっと注文を取りに来るのを待ったけれども、ついに飲み物を頼むことすらできなかった、というエピソードが最高だった。

旅行について書く時に、どうしても夢を説明する時みたいになってしまって非常に歯がゆい思いをするというような話も確か春樹がしていた。
旅先で経験する光景というのは、その景色に至る過程まで含めた立体的なものなのである、というのもあった。写真に収まるスケールのものではない。

ジャグリングのコンベンションに行くなんていう経験も多分にそういう性質を含んでいる。
ある時思い立って航空券を買って、その日になって空港へ行って、どんなことが起きるんだろう、と思いながら外国に着いて、(この時すごくワクワクしている)列車に乗ってやっと着いた時の会場の様子。

そういうものを含めた「コレ」と、その場での一回性の体験(とくに初めてその国に行くような時は、極めて張り詰めた、色合いの濃い体験が待っています)に対する誤差は、どうしようもないくらい大きい。
迫るような質感は私の中にだけある。

 

RIMG0161

RIMG0259

RIMG0367

 

かつての旅のことを私は眼前に、立体的に、時間軸的に思い出せる。
今から施設にパフォーマンスをしに行くのだが、演技を生で観る、という相対的には小さな経験にも、同じような一回性の切実さが宿っている。YouTubeなんかより、とんでもなく鮮やかで立体的で、奥深な経験なのだ。

文=青木直哉

第64回「渡邉尚さんの知の身体化」

おとといの話だけど、渡邉尚さんにまた横浜で会った。たまたま別件の打ち合わせでいらしていたので僅かな時間で会うことにしたのである。 ファミレスに入って、積もる話をした。 その中で、「知の身体化」ということが頭をよぎった。
知行合一、というのとはまた違うのだけれど、知のあり方がとっても身体的な人だな、この人は、と思ったのである。
「知る」を身体を以ってする、という印象がある。
何を話したかというと、それはもうあっと驚くような今年のこれからの尚さんの予定で、なんじゃこりゃ、とこっちが笑ってしまうぐらいに次々大舞台に乗り出していくとのことであった。
今週新宿で尚さんを含むカンパニーMonochrome Circusによる公演『TROPE』もあるが、
(詳細はこちらから。http://monochromecircus.com )それの準備をしながら、大変だなぁと思う。
最近の彼のジャグリングの進展についても聞いたのだけど、フロアジャグリングの要所が3点に整理されていて、ワークショップで教える時にもわかりやすい。
つまり身体が先んじて「悟っている」ことが言葉としての知識にすっきり還元されていた。
電車に乗っていて私がはっと感じた「考えることとは動くことだ」というのが妙に繋がる。
「何をすべきか」というのは、実は身体のほうが先に知っている、というような原則に私は確信が持てるのである。
尚さんはそれを非常に高度なレベルで行っている。
「頭と口」という名前も、そこに関係がある。

文=青木直哉