月別: 2014年12月

PONTE会議でした。

12月14日、都内某所。
PONTE編集部の会議を、青木、だいごさん、そいそい、関矢さんの4人で行いました。

このメンバーで顔をあわせるのは、PONTEとしては初めて。(実は今までチームとしてしっかり活動をしていなかった)
PONTEのこれから、PONTEのできること、具体的な内容について吟味。

これだけ大きいジャグリングの世界を相手にするのに、1人ができることは限られています。
もちろん1人で出来ることも、思っているより意外と多かったりしますが、やっぱり仲間がいると段違いに心強いし、色々と思いつきます。

次回のPONTEでは、「自主公演特集(仮)」と銘打って、昨今日本で次々に現れてきたジャグリング公演の数々を取材し、編集部なりの研究をして、お届けできればと思っております。

お楽しみに。

 

文責:編集長

PONTE2014年12月号詳細

大変長らくお待たせしておりました。

PONTE12月号、いよいよ注文受付開始です。

本日編集部にできたてのPONTEが無事届き、一安心。

今号は少しコンパクトながら、なんとあの、

ジャグラー大橋昂汰さんを特集、インタビューをしています。編集部板津が撮った写真も満載。全国の大橋ファンの皆様、奮ってご注文ください。

PONTE表紙12月号

PONTE12月号目次

銀行振込

クレジット

大橋さんと言えば、ここ数年で急激に頭角を表してきた若手のジャグラーで、海外からも、動画サイトなどを通じて注目されている、今日本で最もアツい才能の一人です。

今年開かれた日本のジャグリング大会JJF2014ではジャグリング&音楽集団「ながめくらしつ」としてゲストステージの演技に参加し、12月21日〜23日に行われる「ながめくらしつ」の新作公演『誰でもない/終わりをみながら』では、二部構成のうちの前半、第一部にも出演。

今回のこの公演は、この大橋さんの美しいジャグリングを見るチャンスでもあり、また日本でも、いや世界でも希有なジャグリングの最先端の姿を大舞台に写し取った姿を見るチャンスでもあります。

予約はまだ(12月13日現在)初日以外、受け付けられています。特設サイトをご覧ください。

こちらもご参照ください。 http://ameblo.jp/nagamekurasitsu

 

12月5日発売、と嘘をついてしまった…お許しください。

 

編集長よりコメント

このところの数巻で、刊行ペースが大幅に乱れたことを深くお詫び致します。楽しみにしていてくださった方には、申し訳ありません。なんとか、その月の中では出すことに成功しましたが、編集長の気の迷いが全ての歯車を狂わせてしまいました。歯車を。もう少し時間を守れる人間になれたらいいなと反省しております。2015年は、まずはせめて日にちを守ることを目標に、楽しく頑張りたいと思っております。これからもどうぞ、何卒よろしくお願い致します。

またそこそこ重大な告知なのですが、書くジャグリングの雑誌:PONTEは、2015年より、月刊発行から隔月発行へ以降する方針で動いています。

理由は多々有るのですが、一番の理由は、ひと月に一回発行するための編集体制が、少し慌ただしすぎると感じるためです。PONTEを毎月の楽しみにしてくださっていた方がいたら、大変申し訳なく思いますが、その分、Webでの活動や、二た月にいっぺんだからこその、中身のより詰まった、濃いめPONTEを皆様のお手元にお届けする所存なので、どうか、ご理解のほどよろしくお願い致します。

また新しいニュースが有りましたら、ここで告知致します。

 

2014年12月13日 編集長記す